強行。夏の家族旅行。(続編)

前回の続きです。

高熱が出てしまった我が子を ムリヤリ旅行に連れてったという
とんでもない話。。。


さて 困ったことが2つ起きました。

困ったことその①
起きたと言うよりは 前から分かっていたことなのですが


目的地は 長崎 伊王島。



だよな。


理想は 車でホテル前まで乗り付けて
チェックインも 荷物運びも全部済ませてから
カズを そーっと抱き上げて 5分で部屋へ!

…なのですが  海を渡らなきゃホテルには着かない。
車ごと船には乗れません。


行くと決めたときに そのことを忘れていたわけではなく
この強攻策は

解熱剤がしっかりと効く。

という予測の上での決行。


カズは今まで3回ほど 解熱剤のお世話になったことがありますが
毎回 9度以上でぐったりの時に飲ませ
それから2時間ほど経つと 汗をびっしょりとかいて起きあがり
水分をたっぷりと補給するやいなや 今まで寝込んでいたのが
ウソのように元気になり 

「とにかくアンタは病気なんだから お願いだから
横になっててくれませんか。」

と 叱るのを通り越してお願いしたいくらいまでに復活。
そして 解熱剤使用後 6時間後に 測ったように
体温上昇 →ダウン。


ほんとうに解熱剤って 怖いです。。。


そんな感じだったので 今回も
解熱剤が まあ 暴れ回るほど元気にならないとしても
ある程度 効いてくれるんじゃないかと思っていたんです。

ちょうど 乗船する時間が よく効いて楽な時間帯


・・・ のはずでした。


困ったことその②。

人間は機械じゃないんだから・・・・


そんな 予測通りに 薬の説明書通りにいくわけないんですよね。
毎回 同じ風邪をひくわけではないし
毎回 同じウイルスにやられるわけでもない。
そのときの 子どもの体調、体力
いろんなことが 左右するわけですから・・・


普段 あまり信用していないといっていい薬の作用を
こういうときに限って 過信してしまう。
都合よく。



途中の高速サービスエリアまでは順調でした。
汗をかいて目を覚ましたカズ。着替えるとすぐに

「おなかすいた~。」

名物のメロンパンを平らげて

「元気パワー 貯めらんといかんけん もういっかい寝る!」

本当はヒロの食べていたソフトクリームも食べたそうだったし
車の外に出て お買い物にもいきたそうだったのだけど
ここはガマン。

そして またぐっすり眠りました。
熱は7度1分。

運転する父ちゃんも 後ろの座席でカズに付いている私も
道中 とてもおしゃべりに花が咲くような心境ではなく
もちろん カズも寝てまして
しーーんとした車内で ただ延々と

ヒロの なんだかよくわからない
お経テンションの鼻歌が 1時間 リサイタル。



ヘンな旅行。 (・・に したのは私。)



ヒロは 生まれたときから兄ちゃんがいましたから
2時間も両親と自分だけで車の中で過ごすというのが初めてで
なんか 居心地悪そうでした(笑)。

だからって 車の中で
ボウケンジャーが敵にやられたときのBGMを
延々とアカペラで歌うの やめてくんないかなー。

ものすごく状況とマッチしていて 逆に滑稽だ。




そんなこんなでもうすぐ 長崎市内。

カズもなんとか このまま行けそうだ・・


ところが

高速を降りると同時に
まだ解熱剤を飲んで2時間も経っていないのに
じわじわ熱が上がり始めました。

そして 乗船するときが 最高潮。。。

2,3歳の幼児であれば 両手でそっと横抱きにして
そのまま船に乗ればいいのですが

カズ 7歳 体重21キロ。

真夏の炎天下 乗船ターミナルの駐車場から
船乗り場まで 私がもうろうとするカズを抱え
父ちゃんは 家族4人分の荷物を持ち
ヒロは 小さい体で 兄ちゃんが抱えるはずだったリュックを抱え



ダーーーーーーッシュ。



バチがあたったがな~~。 
無謀なことするから 神様からおこらりた。

ヒロは とばっちりだ。



あきれて物も言えませんね。(←アンタだよ。)


長崎港から ジェットフォイルで19分。
伊王島に着きます。

ちょうど港にイージス艦が停泊しており 
船内で大興奮の父ちゃんとヒロ。
カズにも

「ほら かっこいい船が見えるよ。」

と言ってみたものの うつろな瞳で



「うん。いいや。起きあがらんでも。」



私の膝枕で目を閉じました。


本当だったら 今頃ヒロと 船内を駆け回っていたはず。
こんなにつらそうで。。
カズは 家にいた方がよかったっておもってるのかもしれない。
思ってなくても 親として・・・・・・


じわじわと涙が出そうになったときに


「カズね ホテル着いたら 元気が出そうな気がするっちゃん。」


ボソッとカズが言いました。
うーん。母の後悔がつたわってしまったのかなあ。。
カズは とても繊細だから。


船は伊王島に着き
シャトルバスで3分もかからず ホテルに到着。

海が見える部屋。
真っ白いシーツのベッド。

カズが病気なのを知ってたみたいに
エキストラベッドが窓際に置いてありました。


ベッドに横になったカズの目が 心なしか生き生きしています。

そして 

2時間後。

イージス艦を一瞬起きあがって見ることも出来なかったカズが
レストランの椅子に座って 大笑いしながら
晩ご飯を食べていました。
さすがにたくさんの量は食べられませんでしたが
デザートが出る頃まで レストランにいました。
(手早く食事を済ませて 
カズと私だけ先に部屋に帰るつもりでしたが)

解熱剤は 飲んでいません。
熱は7度。
自力で下がり始めました。


さらに2時間後。
部屋で 元気はつらつのカズです。
興奮して眠れないくらい楽しそうでしたが
ウイルスと戦って 体力は相当消耗しているはずです。
むりやり寝かせました。


夜中も 朝方も 何度も熱を測りましたが
熱は下がりきったまま
翌朝には 平熱に。

朝ご飯も おなかいっぱいになるまで食べ
昼まで様子を見ましたが 元気そのもの。


カズ しっかり海水浴までしました。


帰りの車で ヒロはぐっすり眠っていましたが
カズは とっても楽しそうで 疲れているはずなのに
私と 父ちゃんと大笑いしながら しりとりをし
いろんな話しをたくさんして
(カズは 両親と3人で過ごすのは慣れてますから(笑) )
行きの分まで 車内を満喫していました。

結局 海水浴までしながら 一睡もせず家に到着しました。



2日目に 劇的に回復したカズ。
何が原因かは わかりません。

旅行をあきらめ家にいても そんな感じで元気になって

「長崎 行っとけばよかったねっっ」

なんて 悔しがっていたのかもしれません。


今でも 


「行っといてよかった」


とは とても思えませんが。。。


いろんな意味で この夏1番の思い出になったことは
間違いないです。。。。。


カズの絵日記の文章。


「8がつ9にちに 「ながさき」 にいきました。
ぼくは びょうきだったけど つぎのひにはすぐなおりました。
ながさきでは ふくおかとぜんぜんちがうとこも
ちょっといっしょのとこもありました。
ごはんは 9にちはおこさまらんちで 10にちは
とりほうだいでした。」





ちなみに 10日のとりほうだいというのは
ビュッフェ形式の朝食のことです。



2行目にびっくりする担任の先生の顔が
目に浮かぶようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

2007年09月02日 22:17
うーん。わかる。悩む。行くかなー。どうしよう。(どんなコメントでしょう??)
でもね。本当に小学校も始まっちゃって、休めないし。せっかくの一年がかりの計画。
うちの坊主も熱に強い。ケロッとするんだこれがね。いや、今回は行って良かったんじゃないかな?終わり良ければですよね。
これがまた、カズ君の
>元気が出そうな気がするっちゃん。」
いいなー。おばちゃん、半年くらい前までは、ヒロ君贔屓だったんだけれど、最近カズ君の大人なコメントにめろめろよ。
(だから、何をまだ迷ってるんだ!!)

2007年09月03日 10:46
私も行きました!しかも神奈川の我が家から山形まで・・・(←鬼母と呼んで) 一応一日ずらしたけど、ゲロの次女と高熱の長女(これは出掛けた後に熱を出したので私のせいではない)を連れて。
「自分のせいで折角の旅行に行かれなくなった・・・」と子供に後悔させたくない・・・と言いつつ実は諦めきれない私だったのでした。。。
まぁ楽しい想い出になったんだから良かったんですよ!きっと・・・ね?
2007年09月03日 23:10
りょうへいの母さん♪

難しい質問しちゃってごめんなさい(笑)
もう一回同じことが起きても 同じことをするかしないか分かりません。。
今回はものすごく運が良かっただけなのかもしれないし・・うーん。
最近 カズのナイーブな部分ばかり取り上げているので そろそろダーティーな部分も披露したいと思います(笑)限りなく下品だ!なんであーなんでしょう。男の子って。。。
2007年09月03日 23:21
園児童のハハ 様♪

こんにちは☆
園児のハハさんが 園児童のハハさんになってる~♪そうですよね。うちと同じ 新一年生と初入園のお子さんで しかも二人とも生まれた月が1ヶ月しか変わらない!
いやはや。。4月当初 大変だったですよね~もー。
旅行。同じような方がいてなんか救われました。そうなんです。上の子ともなると 旅行がダメになったのが自分のせいだと思っちゃうんですよね~・・特にカズはそんなこと考えやすい子です(笑)今となってはあの旅行のことを 武勇伝のように自慢げに話していますから やっぱ・・よかったのかな?!